RSS

理想(りそう)の部屋(へや)

07 Aug

みなさんが、いちばんきらいなこと、にがてなことは何(なん)ですか。

わたしがきらいなことのひとつ。 それは、“片(かた)づけること”です。
わたしは、片(かた)づけることが、本当(ほんとう)に下手(へた)です。
部屋(へや)を片(かた)づけてきれいにしても、また元(もと)にもどってしまいます

わたしは、いつも“必要(ひつよう)なものだけしかない、シンプルな部屋(へや)
”にあこがれて(*あこがれる=long for~)います。そんな部屋(へや)
で生活(せいかつ)している自分(じぶん)をイメージすると、とても気分(きぶん)
がよくなります。しかし、何度(なんど)チャレンジしても、すぐに物(もの)がた
くさんある部屋(へや)にもどってしまいます。

最近(さいきん)、『人生(じんせい)がときめく片(かた)づけの魔法(まほう)』
という本(ほん)を読(よ)みました。この本(ほん)には“部屋(へや)をきれいに片

(かた)づける方法(ほうほう)”が書(か)いてあります。片(かた)づけることが下手

(へた)な人(ひと)のための本(ほん)です。

たとえば、①自分(じぶん)が必要(ひつよう)だと思(おも)うものだけを残(のこ)して、
とは全部(ぜんぶ)すてる(すてるときは、物(もの)に、「ありがとう」と言(い)
ってからすてることが大切(たいせつ)だそうです)。②全(すべ)ての物(もの)
の置(お)き場所(ばしょ)を決(き)める(わたしたちに帰(かえ)る家(いえ)
があることと同(おな)じで、物(もの)にも帰(かえ)る場所(ばしょ)が必要
(ひつよう)だそうです)。・・・

などが書(か)いてあります。自分(じぶん)が本当(ほんとう)
に必要(ひつよう)だと思(おも)うものだけを部屋(へや)に置(お)くようにすると、
その後(あと)も本当(ほんとう)に必要(ひつよう)なものだけをえらぶようにな
るそうです。

本当(ほんとう)にそうかもしれませんね。

わたしは決(き)めました。部屋(へや)を片(かた)づけます。実(じつ)はもう始
(はじ)めていて、三日間(みっかかん)で、かなり物(もの)がなくなりました。
もちろん、すてるときは、「今(いま)までありがとう」と言(い)ってからすてています。

やっと、理想(りそう)(ideal)の部屋(へや)に住(す)めるようになるかもしれません。
がんばります!

(書(か)いた人(ひと):佐藤(さとう)亜(あ)希(き))

 
Leave a comment

Posted by on 08/07/2011 in By Sensei, Waseda News

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: